トップページ > 総領事館ニュース
東日本大震災10周年に際し
2021/03/11

 多くのかけがえのない命を奪い、東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から、本日で10年を迎えます。中国駐長崎総領事館は改めて、大震災により亡くなられた方々に対し、深く哀悼の意を表し、ご遺族と被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

 2008年の四川汶川大地震でも、2011年の東日本大震災でも、自然災害が隣国に巨大な災難を与えるなか、中日両国民はそれをわが身に引き当てて考え、さまざまな形で相手国に支援を行ってきました。「歳寒くして松柏を知り、難患いて真情を見る。」突如襲ってきた新型コロナウイルス感染を前に、中日両国は相互支援をし、感染症との闘いの中で再び「山川異域 風月同天」という感動的な美談を書き続けました。

 中日両国は一衣帯水で、戦略的互恵関係を結んだ友好的隣国であります。日本政府および各界の共同努力のもと、被災地の復興が一日も早く実現されることを心より期待しております。当館も引き続き皆様と手を携え、積み重ねた友好の絆を大事にし、長崎県と中国各地の交流協力をいっそう強め、新時代にふさわしい中日関係を構築するためにさらに取り組んでいきたいと存じます。

Suggest To A Friend:   
Print