トップページ > 総領事館ニュース
駐長崎総領事館,長崎県日中親善協議会へマスクを寄贈
2020/05/11

 2020年5月7日、駐長崎総領事館は友好団体である長崎県日中親善協議会へマスク1000枚を寄贈した。

 劉亜明総領事は次のように述べた。長崎県日中親善協議会は成立以来常に中日両国の友好に尽力され、毎年一連の民間友好活動を展開し、これまで中日両国の地方交流に重要な貢献をしてきた。患難見真情(苦境に遭ったときに真の情を見る)というように、中国が抗新型ウイルスの重要な時期に、長崎県日中親善協議会は積極的に募金活動を行い、長崎の各界からの賛同を受け次々に中国へ無私の協力や誠意ある支持を送ったことを中国は高く評価し、この恩に深く感謝する。現在日本も同様に新型コロナウイルスの脅威に直面しており、我々も身に詰まる思いであるが、人類運命共同体の理念を堅持し、共に助け合い、困難を克服していきたい。中日両国民は、新型コロナウイルスの闘いの中で友情を示し、国民同士の絆を更に強めた。この試練を乗り越え、長崎と中国の友好関係が新たな段階へとステップアップし、両地の友好交流と実務協力が新しい発展の機会を得るだろうと信じている。

 当協議会は総領事館からのマスクの支援に感謝し、継続して対中友好の心を持ち、中日友好事業に貢献したいと表明した。

Suggest To A Friend:   
Print