トップページ > 総領事館ニュース
駐長崎総領事館,長崎県と長崎市へマスクを寄贈
2020/05/01

 2020年5月1日、駐長崎総領事館は長崎県へ1万枚、長崎市へ3千枚のマスクを寄贈した。

 劉亜明総領事は次のように述べた。全世界でのネットワークが深まる今日、人類は益々互いの関係が密接な運命共同体である。前代未聞の疫病という試練に直面した時、各国が心を一つにして協力し、共に手を携え対応してこそ世界が暗闇から抜け出すことができる。新型コロナウイルスの発生以来、中日両国は困難を共にし、助け合い、一連の協力を展開した。中国国内で新型コロナウイルスが爆発的に発生した当初、中村法道県知事をはじめとする長崎県と田上富久市長率いる長崎市及び長崎県内各界が積極的に、中国に真心こもった支援と協力をしてくれたことは、中国国民にとって忘れられないことである。中国は日本国内の状況に心を痛めており、今後も引き続きできる限りの支援、支持をし、日本と感染拡大の経験を共有し、両国の医療衛生分野での協力を強め、手を取り合って新型コロナウイルスと闘っていきたい。

 中村法道長崎県知事は、現在日本は感染拡大防止の重要な時期であり、総領事館から支援されたマスクは今後長崎県の感染拡大防止に重要な役割を発揮すると述べ、長崎県民を代表して感謝の意を表した。そして、長崎県は中国と協力を深め、一日も早くウイルスとの闘いに打ち勝ちたいと述べ、収束後は、長崎県と中国の友好交流が更なる発展のチャンスを得ることができるよう期待していると考えを示した。

 田上富久長崎市長は市民を代表して感謝の意を表し、次のように述べた。長崎市は中国からの深い友情と心のこもったマスクをできるだけ早く介護老人ホーム等必要な施設に届ける。また今年は長崎市と福州市の友好都市締結40周年にあたり、中日両国がともに新型コロナウイルスを克服したのちには、両国民の友好感情がさらに深まり、長崎市と中国の友好関係を新しい段階へ押し上げていくことができると信じている。

Suggest To A Friend:   
Print