トップページ > 総領事館ニュース
劉亜明総領事,長崎県美術館小坂智子新任館長と会見
2020/04/01

 2020年4月1日、劉亜明総領事は館内において長崎県美術館小坂智子新任館長と会見し、これには金原雅樹副館長等も同席した。

 劉亜明総領事は小坂新任館長の就任に祝福を述べ、長崎県美術館が長きにわたり中日友好交流事業に貢献していることに対し感謝の意を表した。そして次のように指摘した。現在中日両国の関係は貴重な発展のチャンスを迎えている。今年は中日文化・スポーツ交流促進年であり、継続して両国の青少年交流や芸術文化等の分野で友好交流を推進することは、国民感情の増進や長期的で安定した両国関係の促進にとって重要な鍵となる。長崎県美術館には県内で最大の影響力をもつ文化交流プラットフォームとして、引き続きリーダーシップを発揮していただき、両国民、とりわけ若い世代の興味を引く文化交流イベントを多く開催し、中日友好事業の発展に新たなエネルギーを注いでいただきたい。

 小坂館長は、長崎県は古くから中国との交流の重要な窓口であり、両地は深い文化の根源と悠久の歴史があると述べ、長崎県美術館は友好の伝統を広く発揚し、中日の芸術文化交流の絶え間ない発展を推進していく意向を示した。

Suggest To A Friend:   
Print