トップページ > 総領事館ニュース
劉亜明総領事,自民党長崎県支部連合会外間雅広幹事長と会見し義援金を受け取る
2020/03/04

 2020年3月4日、劉亜明総領事は自民党長崎県支部連合会外間雅広幹事長と会見し、当連合会からの義援金を受け取った。これには自民党長崎県支部連合会富永房利事務局長等が同席した。

 劉亜明総領事は自民党長崎県支部連合会の厚意に深い感謝の意を表し、中国の新型コロナウイルス感染拡大防止の形勢について紹介し、習近平主席自らの指揮の下、現在中国国内の新型肺炎の状況は講じた措置の成果を得て、積極的な傾向が表れていると指摘した。また次のように述べた。中日両国は一衣帯水の隣人であり、新型肺炎の問題に直面して一層互いに助け合う運命共同体となった。新型コロナウイルス肺炎が発生して以来、日本政府と日本各界が次々に救いの手を差し伸べ、様々な手段で中国の新型肺炎対策を支援してくれた。中国国民はこのことを胸に刻んで忘れないだろう。日本は現在新型コロナウイルス感染拡大抑制の重要な時期であり、中国は身につまされる想いで、できる限り協力したい。双方が手をとりあい、共に困難を克服し、両国民の生命の安全と健康を守っていくことを切に願っている。

 外間幹事長は中国の新型コロナウイルスに対し見舞いの意を表し、さらに中国の講じた有力な措置とそれによる効果を高く評価した。また中日両国民が新型コロナウイルスとの闘いの中で友好感情が表れたと述べ、両国がさらに感染拡大防止について連携を強め、一日も早く闘いに打ち勝つことを願う考えを示した。

Suggest To A Friend:   
Print