トップページ > 総領事館ニュース
劉亜明総領事,西海市を訪問
2019/12/13

 2019年12月12日、劉亜明総領事は、西海市を訪問し、西海市杉澤泰彦市長と会見し、これには小島明副市長、福田龍浩市民環境部長等が同席した。

 劉亜明総領事は、両国トップが新時代にふさわしい中日関係の構築について一連の重要な共通認識を達成し、両国関係は新たなチャンスを迎えていると述べ、中日両国は異なる発展段階で環境、人口、少子高齢化等の問題に直面しており、日本の経験や技術が中国の巨大な市場とマッチすることは、両国の経済貿易協力のレベルアップにつながると指摘した。また、西海市は美しい自然環境があり、観光資源が豊富で、近年積極的に対中交流協力を展開して成果を挙げていることから、今後も引き続き中国のエネルギー環境保護、医療福祉、文化観光等の各分野において実務協力を強化し、双方の人的往来を促進し、中日地方交流を更なる段階へ押し上げていただきたいと述べた。

 杉澤市長は、西海市は対中友好発展を重視しており、中日の将来の協力関係には巨大な潜在力があり、今後も総領事館と全面的に各分野で連携を強め、環境保護等の面での成功例を積極的に共有し、共同で両国の地方ウィンウィン協力の新たな局面を作っていきたい考えを示した。

 訪問の期間中、劉亜明総領事は、市民環境部長の同伴の下、西海市炭化センターを視察し、ごみの炭化処理施設の技術や工程、稼働方式等の状況を聴取した。

Suggest To A Friend:   
Print