トップページ > 総領事館ニュース
劉亜明総領事,佐世保・厦門市青少年交流協会古賀良一会長と会見
2019/12/10

 2019年12月9日、劉亜明総領事は佐世保・厦門市青少年交流協会古賀良一会長と会見し、これには松本宏一副会長、円田真副会長等も同席した。

 劉亜明総領事は、青少年は国家と民族の希望であり、中日関係の未来を担っており、青少年交流を強化することは両国民の相互理解を促進し、民間の友好関係の基礎を築き上げることに深く影響すると述べ、佐世保・厦門市青少年交流協会が長きにわたり中日青少年交流事業に積極的に貢献されたことを評価した。また次のように述べた。今年は中日青少年交流促進年であり、両国政府は将来5年間で3万人の青少年の相互訪問交流を実現させる見込みである。当協会にはこれを機に、引き続き多種多様な交流活動を展開し、両国の若い世代の中日友好事業を奨励し、中日関係の長期的な発展に礎を築いていただきたい。

 古賀会長は、佐世保・厦門市青少年交流協会は今後とも佐世保市と厦門市の友好都市関係の枠組みの下、両地の青少年交流を大いに推し進め、中日両国友好に努める意向を示した。

 会見の終わりに、劉亜明総領事は古賀良一会長に感謝状を贈呈した。

Suggest To A Friend:   
Print