トップページ > 総領事館ニュース
劉亜明総領事,日本社会教育団体ベルポ会鶴ゆかり理事長と会見
2019/12/05

 2019年12月5日、劉亜明総領事はベルポ会の鶴ゆかり理事長と会見し、これには佐世保市議会佐藤文子議員、ベルポ会佐世保支部安井千賀支部長、宮崎直美副部長等が同席した。

 劉亜明総領事は、ベルポ会が成立以来中日両国の人文交流に積極的な貢献をされ、中日友好の根源は民間にあるとし、民間の友好は常に中日関係発展推進の原動力とエネルギーになっていると述べた。また次のように指摘した。現在中日の各分野での交流はすさまじい発展の傾向にあり、両国は前代未聞の国民大交流の時代を迎えている。12月佐世保市で開催される佐世保瀋陽児童友好絵画展は必ず両国民の相互理解と友情を増進楚、両国民の心通じ合わせるために新たなエネルギーを注ぐことだろう。

 鶴理事長は、総領事館の当絵画展への後援許可に感謝の意を表し、中日双方の友好人員と歩みを共にし、さらに豊かな両国人文交流を含め絶え間ない両国友好事業の創造にたゆまぬ努力をしたいと述べた。

Suggest To A Friend:   
Print