トップページ > 総領事館ニュース
劉亜明総領事,長崎国際テレビ袴田直希代表取締役社長と会見
2019/12/02

 2019年11月29日、劉亜明総領事は館内において長崎国際テレビ袴田直希代表取締役社長と会見し、これには森下豊邦専務取締役、吉塚育史常務取締役、位寄雅雄取締役相談役等が同席した。

 劉亜明総領事は、長崎国際テレビは創立以来長崎と中国の友好交流促進において積極的な役割を発揮し、長崎県民が中国と世界を知るための重要な懸け橋になったと指摘した。また、現在中日関係は持続して改善の方向に向かっており、両国関係は更なる発展のチャンスを迎えているため、長崎国際テレビには中国と中日関係発展の機会を掴み、長崎の対中友好交流に焦点を当て、全面的で客観的な対中報道を展開していただき、両国民の相互理解増進、中日関係の健全で安定した発展に建設的な役割を発揮していただきたいと述べた。

 袴田社長は、長崎は対中友好交流の歴史が長く、長崎国際テレビとしても更に長崎の対中友好交流の報道に尽力し、両国メディア協力と人文交流に積極的に参与し、中日関係の改善発展に貢献したい考えを述べた。

Suggest To A Friend:   
Print