トップページ > 総領事館ニュース
劉亜明総領事,長崎新華僑華人協会張龍一郎会長と会見
2019/11/25

 2019年11月25日、劉亜明総領事は長崎新華僑華人協会張龍一郎会長と会見し、これには長崎新華僑華人協会劉震名誉会長、彭暉副会長、顔娟婷事務局長等が同席した。

 劉亜明総領事は、新任である張龍一郎会長の会長就任と新たな理事会員に祝福を述べ、劉震名誉会長及び前理事会の華僑団体建設への貢献と総領事館に対する支持に感謝の意を表した。そして次のように指摘した。長崎新華僑華人協会は長きにわたり愛国愛郷の伝統を堅持しており、華僑団体の融合発展に積極的に取り組み、長崎県民の対中理解と友情と促進の増進、長崎と中国の友好関係発展の促進にプラスの役割を果たしてきた。新しい理事会も、引き続き長崎のその他華僑団体と協力関係を強化し、華僑の知恵を集め、心を固め、団結して2つの100年奮闘目標の実現、中華民族の偉大なる復興の実現のために手を取り合い敢闘していただきたい。

 張龍一郎会長は当協会理事会交代の状況や活動計画を紹介し、今後も引き続き中国文化教育を深く広め、良き中国の伝統文化を発揚し、長崎と中国の交流協力並びに祖国繁栄発展に努めていきたい考えを示した。

Suggest To A Friend:   
Print