トップページ > 総領事館ニュース
劉亜明総領事,東彼杵町を訪問
2018/12/03

 2018年11月24日、劉亜明総領事は東彼杵町を訪問し、年に一度の特産品祭りであるうまかもんフェスタに参加し、東彼杵町の茶畑を視察した。渡辺悟町長、加瀬川哲文町教育長等も同席した。

 劉亜明総領事は次のように述べた。東彼杵町は日本でも有名なお茶の名産地であり、全国茶品評会で連続優勝を達成し、国内外の人々に愛されている。茶葉は17世紀に隠元禅師が中国から長崎へもたらしたのが始まりであり、日本での改良を経て,現在の日本煎茶となった。長崎と中国には悠久の交流の歴史があり、東彼杵町には中国との交流を大いに展開させ、双方の実務協力レベルを引き上げていただきたい。

 渡辺町長は、東彼杵町はこれまで中国との友好交流を重視し、自らも中国に何度も訪れたこともあり、今後も総領事館との連携をより一層強め、双方の友好交流事業を促進させていきたいと述べた。

 劉亜明総領事は東彼杵町の茶畑を訪問し、茶葉の生産・販売の工程を視察した。

Suggest To A Friend:   
Print