トップページ > 総領事館ニュース
劉亜明総領事,大村市を訪問
2018/06/08

 2018年5月30日、劉亜明総領事は大村市を訪問し、園田裕史大村市長をはじめ、吉野哲副市長、遠藤雅己教育長、山下健一郎企画政策部長らと会見した。

 劉亜明総領事は次のように述べた。大村市は“花と歴史と技術のまち”と言われるように、景色は美しく、歴史のロマンにあふれ、半導体等精密機器加工技術の最先端をいく町。今年は大村市と上海市閔行区が友好関係を結んで25周年、両地は友好の架け橋のもと多領域の交流と協力を展開し、一連の成果を得ている。今後も双方の実務協力を深化させ、両地の交流を途切れさせることなく次のステップに進めることに期待したい。

 園田市長は、今年は大村市と上海市閔行区が友好関係を結んで25周年、年末には訪中し、両地の友好関係をさらに強化させ、両地のウィンウィンの発展の促進に努めたいと述べた。

 劉亜明総領事は園田市長らと共に日中文化資料館と大村公園を見学した。日中文化資料館長で書道家の馬場恵峰氏の日中文化資料館と中国の文化交流について説明を受け、氏の200回以上もの訪中交流で収集された書画作品等の所蔵物を見学した。

Suggest To A Friend:   
Print