トップページ > 総領事館ニュース
劉亜明総領事,長崎「出島表門橋」完成記念式典に出席
2017/11/30

 2017年11月24日、劉亜明総領事は長崎市「出島表門」完成記念式典に出席した。秋篠宮ご夫妻、オランダ王室のローレンティン妃、中村法道長崎県知事、田上富久長崎市長、野口達也長崎市議長など800名の各界代表が参列した。

 約400年前、長崎とオランダの貿易が盛んに行われ、オランダ商人が長崎出島に定住していた。出島と長崎市をつなぐ表門橋は日本の対外交流のシンボルとなる。古い橋が取り壊されてから130年経ち、長崎市は最先端の造橋技術を用いて表門橋を復元した。

 記念式典後、劉亜明総領事は記念晩餐会に出席し、秋篠宮ご夫妻とオランダ王室ローレンティン妃、中村法道県知事など各界代表と友好交流を深めた。劉亜明総領事は次のように述べた。長崎と中国、オランダの交流の歴史は長く、独特の“和中蘭”文化が形成された。長崎各界が対外交流をいっそう拡大させ、中国との交流を深め、両国関係の改善と発展のために貢献してほしい。(写真:長崎市提供)

Suggest To A Friend:   
Print