トップページ > 総領事館ニュース
劉亜明総領事,日本の中学生に訪中事前講座を挙行
2017/07/25

 2017年7月25日、劉亜明総領事は館内で訪中予定の長崎の中学生に事前講座を行い、訪中する学生や教師30名が出席した。

 劉亜明総領事は「長崎の対中交流」をテーマに中国と長崎の交流の歴史を紹介し、次のように述べた。長崎は古くから日本の対中交流の重要な窓口として、両国の友好交流を推進するために重要な役割を発揮している。中日は互いに重要な隣国であり、両国民衆、特に青少年の相互理解や友情増進は、長期的健全で安定した両国関係を発展するにあたってとても重要である。今回、長崎市が企画した中学生による中国訪問交流は、客観的に中国を理解する土台を提供しており、中日青少年の相互交流増進には積極的意義がある。訪中する中学生にはこれをきっかけに、開放された友好的な中国を自ら感じ、また中国の同年代の人と互いに学習し、友情を育み、中日友好事業の継承者となってほしい。

 講座終了後、劉亜明総領事は学生たちと交流し、彼らからの興味のある質問に答え、また学生たちは当代・現代の中国の風貌を記録したDVDを鑑賞した。

 学生らは次のように述べた。大きな収穫があり、中国訪問中はよく見てよく学び、中国への理解を深め、中国の同年代の人と積極的に交流したい。

Suggest To A Friend:   
Print